よくあるご質問

レアワンに関する質問です

Q1.

レアワンは他の不動産サイトと何が違うの?

A

大きく分けて2点あります。

1.掲載している物件の違い
他の不動産サイトは、どの不動産サイトを見ても同じ不動産の売却物件が掲載されていると思います。
物件を売りに出すときに複数の不動産サイトに掲載するのが一般的な方法だからです。

しかし、レアワンは「他のサイトに掲載されていない」「不特定多数の方に公開できない」掘り出し物の不動産物件のみを掲載しています。
競合する不動産投資家も少ない為、物件によっては市場価格よりも安い価格で購入できる可能性があります。

2.購入方法の違い
他の不動産サイトでは売却価格が決まっていて、その価格で購入するかどうかを判断します。
レアワンでは入札制(オークション制)を採用しているため、一番高く入札した投資家に優先交渉権があります。
Q2.

レアワンで落札した物件は必ず購入することができますか?

A

必ず購入できるものではありません。
レアワンで落札するのは「優先交渉権」です。
「あなたが優先的に売主と落札価格で交渉できる権利」なのです。
そのため、落札後の売主との交渉過程において不動産売買の交渉がまとまらないケースもあります。
Q3.

レアワンの会員登録の審査は何を審査しているの?

A

個人の方は本人確認
法人の方は法人登記の確認
不動産会社の方は宅建業免許の確認

を行っています。また、不動産取引でのトラブルなど他の要素も勘案して審査をします。

審査は不動産取引や入札トラブルを回避するために行っています。
審査基準の詳細、審査落ちの理由などは開示していません。
Q4.

レアワンでは不動産売買の手数料などが発生しますか?

A

レアワンで発生する料金は、サイトの利用料金(月額)のみになります。
不動産売買に付随する手数料・成果報酬などは当サイトでは発生しません。
詳しくは料金・プランをご覧ください。
Q5.

不動産投資ではなく、マイホームとして購入することもできますか?

A

可能です。
不動産への入札の目的は自由です。不動産投資でも、マイホーム購入でも、転売目的でも、問題ございません。
ただし、債権者によっては目的に沿った購入ができない場合があります。

入札に関する質問

Q1.

入札を取り消すことはできますか?

A

できません。
入札したけれども、資金状況が変わって落札しても購入できないという場合には、物件詳細ページの「物件に関する質問」から売り手の不動産会社にその旨をお伝えください。
不動産会社の管理画面から入札取り消し申請ができる仕組みになっています。
Q2.

入札する前に物件に対して質問することができますか?

A

可能です。
質問したい物件の詳細ページから、売主に質問をすることが可能です。
Q3.

即交渉可能価格とは何でしょうか?

A

即交渉可能価格はその価格で入札したら、即時、優先交渉権が落札され、不動産会社と交渉が開始できる設定価格のことです。
Q4.

評価書とは何でしょうか?

A

取り扱っている不動産会社がその物件の図面、売却の経緯、占有者の有無、不動産の現況(写真)、出口戦略(転売益や利回り)を記載したものです。
不動産投資の参考になる情報ですので、この評価書を見てから入札することをおすすめします。評価書はレアワン会員にしか閲覧することができません。

落札に関する質問

Q1.

落札した後はどうすれば良いでしょうか?

A

落札が完了すると売主である不動産会社から連絡が来ます。
この時点で落札者の連絡先情報が売り手の不動産会社に開示されることになります。

1~2営業日経過しても、不動産会社からの連絡がない場合は、落札者から不動産会社に連絡してください。
不動産会社の連絡先もマイページからわかる仕組みになっています。

売り手(不動産会社)の利用に関する質問

Q1.

掲載中の物件情報は編集できないのでしょうか?

A

編集はできません。
掲載中に物件情報が変わってしまうと、はじめに入札した方と後から入札した方で条件が変わってしまうため、
公平性を保てませんので掲載した物件情報の修正は行えない仕様になっています。
ただし、備考欄の追記は可能ですので、どうしても記載しなければならない事項がある場合は、
備考欄に追記する形で対応してください。
Q2.

物件情報に評価書を登録しないと掲載できないのでしょうか?

A

物件の掲載には評価書の登録が必須です。
レアワンでは「評価書」が不動産投資家の方の重要な判断資料と位置付けています。評価書の登録方法がわからない場合は、レアワンの運営事務局でサポートしますのでご連絡ください。
Q3.

落札者の方と連絡がとれないのですが、どうすれば良いでしょうか?

A

落札者の方と連絡が取れない場合は、次点で入札した方(落札額の次に高い入札を入れた方)へ交渉希望を聞いたうえで、交渉できる機能があります。
Q4.

掲載できる物件数は何件でしょうか?

A

プランによって異なります。基本プランでは常時2件の枠を持っている形になります。
オプションプランを利用することで最大100件の枠を持つことができます。
詳しくは料金・プランをご覧ください。